いろいろなカタチ

子どもには無限の可能性がある 脳や体にいいことを発信します

  ↖ スマホでご覧の方はメニューバーを右にスクロールできます ↗

鉄玉子の使い方!発達障害の子に鉄分を!効果と活用事例・サビの取り方も徹底公開

※この記事は、2019年6月26日に更新されました。

f:id:emily_terakitti:20190126042305j:image

「鉄」は、人間が生きる上で大切な「栄養素」ですが、体内で「鉄」を作り出すことができません。
昔の人は、この大切な「鉄分」は、「地下水」を飲み、「鉄瓶・鉄鍋」を使うことで、食物以外でも摂取していました。現在は、食生活の変化と「鉄鍋」の使用回数の減少によって、「鉄分」が不足しているのです。

「発達障害のある子」には、とくに「鉄」が必要です。わが家の鉄分源は、この「鉄玉子」なんです。

「ザ・鉄玉子」がおすすめ!

「鉄分」をとるには、「ザ・鉄玉子」がおすすめです。
お料理のときに「鉄玉子」を「ポンっ」と入れるだけで「使い方」は、とってもカンタン。

「ザ・鉄玉子」とは?

日本製の「南部鉄」のかたまりです。
さまざまな料理にいれることにより、カンタンに「鉄分」がとれます。
「ザ・鉄玉子」を一個いれたヤカンで水1リットルを沸かすと、沸騰時0.042mgを溶出します。

【鉄玉子の使い方と注意する点】

【鉄玉子の使い方】

  • お湯を沸かす時に「ヤカン」や「鍋」などに「鉄玉子」を入れることで「鉄分」の補給ができる。
  • 「ナス」や「黒豆」の色つけ用に「鉄玉子」を使うと、色があざやかになり、食味が増します。

【鉄玉子の使い方で注意する点】

  • 使い方で注意するところは、よく洗ってからご利用ください。(使いはじめは、サビ臭がありますが、徐々になくなります。)
  • お湯が沸騰したら、入れたままにせずに、湯が冷める前に、お玉などで「鉄玉子」を取り出してください。(長時間入れたままにすると鉄分が出過ぎて、湯が赤くなり、鉄臭くなります。)
  • 「鉄玉子」をお玉で取り出したあとは、すぐに触わらずに、水などで冷ましてから洗ってください。
  • 「鉄玉子」は、その都度あらってください。(手で汚れをこすりながら、水洗いをします。)
  • 使用後は、乾いた布でふいて乾いた状態で保管してください。

スポンサーリンク

 

【鉄玉子の使い方の事例】

【使い方①】お茶で「鉄」をとる

f:id:emily_terakitti:20190126035658j:image

  • 鉄玉子は、たまご型をした鉄玉子がとても使いやすく、おすすめです。
  • 深い鍋に入れても、手さぐりでも見つけやすいし、お玉ですくいやすい。

f:id:emily_terakitti:20181122150728j:image

  • ヤカンに「鉄玉子」を入れてから、水をいれます。
  • 重たいので、最初に「鉄玉子」を入れた状態で水を入れることをおすすめします。私は、放置しすぎて、ヤカンにサビがついてしまいました、ご注意を!

f:id:emily_terakitti:20181122150630j:image

  • 沸騰したら、火を止めて、「鉄玉子」を取り出すところですが、わが家はまだ入れっぱなし。あとは、「たくさん鉄よ、出てくれ~!」と願う。

f:id:emily_terakitti:20181122150644j:image

  • お茶っ葉を入れて、この時は緑茶でした。サビの色ではありませんよ。

f:id:emily_terakitti:20181122150737j:image

  • 色づいたら、取り出します。やっぱり、この「たまご型」は、コロンと取り出しやすい!

f:id:emily_terakitti:20181122150714j:image

  • 軽く水洗いしてから、布やキッチンペーパーなどでふき取ります。
  • わが家は、フタのない小さな容器にいれて保管しています。(湿ったまま、フタを閉めると、サビの原因になるので要注意)

スポンサーリンク

 

【使い方②】鍋・煮物・味噌汁に「鉄玉子」を入れて「鉄」をとる

f:id:emily_terakitti:20181122150812j:image

  • 水の状態で「鉄玉子」をいれます。

f:id:emily_terakitti:20181203213237j:image

  • 沸騰したら、「鉄玉子」を入れたままで、ダシを入れます。

f:id:emily_terakitti:20181122150759j:image

  • 味付けして、サッと「具材」を入れます。
  • 2〜3分(わが家は10分くらい入れています。)そして「鉄が出たな〜?」と思えば、「鉄玉子」を取り出します。
  • 長くいれておくと、黒っぽくなるので、ご注意を!
  • みそ汁は、「味噌」と「鉄」が相性がいいらしく、出来上がる寸前まで、「鉄玉子」を入れっぱなしにしてつくりました。それでも、味はなんら変わりませんでした。

 

【使い方③】おでんに「鉄玉子」を入れて「鉄」をとる

f:id:emily_terakitti:20181122225846j:image

  • 「鉄玉子」を入れた状態で水を入れ、沸騰してからダシを入れます。

f:id:emily_terakitti:20181122225934j:image

  • 大根を入れて、味付けします。

f:id:emily_terakitti:20181122225945j:image

  • 「鉄玉子」は取り出して、他の具材を入れます。私が「鉄玉子」を出すタイミングは、感覚なんですよね。
  • 「鉄が出たな〜」っと思えば、サッと取り出します。
  • 具材が増えると「鉄玉子」が取りにくいので先に取り出しました。

 

【使い方④】ポテトサラダにも「鉄玉子」を入れて「鉄」をとる

f:id:emily_terakitti:20181203213714j:image

  • ポテトサラダ用にじゃがいもを茹でる。「じゃがいもさん、どうか鉄をいっぱい吸ってください!」下準備にも「鉄玉子」を使っています。
  • 「使い方」を工夫すれば、本当に何でもいい!「ヒジキ」「きんぴらごぼう」「コンソメスープ」「カレー」も。
  • ヌルヌルを取って、「サッ」と洗らうだけ!お手入れがカンタンです。

スポンサーリンク

 

「鉄玉子」を使ってみて【効果】は?

「鉄玉子」を使いはじめてから、5ヶ月(2018年9月〜)が経ちました。「効果」は、「じわじわ〜」とあります。

子供達が「鉄玉子」を使いはじめる前は、すぐに「疲れた〜」、「足が浮腫んだ〜」といっていたんです。でも、近頃は、そう言えば「疲れた!」、「疲れた!」と言わなくなってきた。頻度が確実に減っています。

四年生のお姉ちゃんには、今後、「女の子の日」も始まるわけだし、「鉄」は必要不可欠だね。

息子の「効果」は、以前は「学校」から戻って「宿題」をすると、疲れ果てて「1〜2時間」、お昼寝をしていました。
でも近頃は、「宿題」をやってから、外で遊ぶようになってきました。学校に慣れてきたこともあるかもしれません。ですが、家で勉強をする時も以前よりも「ダラダラした感じ」が減っています。「集中力」があがって落ち着いてきました。

余裕があれば、平日も「家庭学習」をします。

私自身の「効果」は、3人目の産後から、しょっちゅう「立ちくらみ」でクラクラしていました。ですが、今は「立ちくらみ」の回数は減ってきています。

あとは、気がかりだったことは「息子」を産んですぐに、めまいが酷かったんです。どこにいても、「地震」のように揺れてるような感覚が続いていました。

「もしかして、息子は完全な鉄欠乏症として産まれてきたのでは?」 と、昔を思い出し、身震いがしました。

そのような、経緯があったので、これからは「鉄不足」にならないように「注意」をしよう。と決めたのです。

わが家の場合は、「鉄玉子」を使う頻度は多いと思います。「お茶」はもちろん、できるかぎり「毎食」です。ですから、「効果」はじわじわ〜っと出てくるのが早いです。しかし、微量であっても「積み重ね」は大切です。

鉄玉子のサビも大丈夫!お酢を使ってカンタンにサビを取る方法

お酢とキッチンペーパーを使ってサビを取る手順

サビのついた鉄玉子をキッチンペーパーで包みます。

f:id:emily_terakitti:20190627092920j:image

鉄玉子を一通り、包みこみ、酢を染み込ませるようにかけます。

f:id:emily_terakitti:20190627090225j:image

1時間も経たずして、サビがキッチンペーパーに付いています。

f:id:emily_terakitti:20190627090308j:image

はい、出来上がり!超カンタンで、しかもお酢も節約できました。

f:id:emily_terakitti:20190627090317j:image

サビがキッチンペーパーに移りました!!

ガンコなサビも、タワシでゴシゴシ擦るとキレイにサビはなくなります。

【注意】鉄玉子を容器に入れて浸すと、かなりの量のお酢が必要になります。

ですから、この方法を試せば、キッチンペーパーに少量のお酢でいいのでおススメしたいです。

f:id:emily_terakitti:20190627092920j:image

    ↓↓

「ビフォー と アフターのちがい、わかります?」

f:id:emily_terakitti:20190627092946j:image

「とっても、キレイになりました。」

短時間でカンタンにサビは取れますよ!

「もう、サビの心配はしなくても大丈夫です。」

 

さいごに

「鉄」を毎日、食事だけでとるのは、とても大変です。

一日に必要な「鉄分」は、男の子の10才で10mg。「さんま」なら、8〜9本の量を食べないといけません。

「鉄玉子」の使い方を工夫して、毎食のお食事に使っても、なんら問題ありません。

私たちの「親の世代」は、「鉄鍋」を使っていました。ですから、「今の世代」よりも「鉄」が取れているでしょう。

しかし、「サビる」と手入れが面倒だから、「鉄鍋」は、どんどん少なくなっていきました。

「鉄分」よりも「手入れが楽!」に「時代」がシフトチェンジしてしまったんですよね。便利はありがたいんですが…。

でも、「鉄玉子」なら「使い方」もカンタンなので大丈夫です。「鉄玉子」はお茶を沸かすのに、沸騰時たった「0.042mg」しか出ないので、ふんだんに使った方がいいです。

とにかく「お水の段階」から「鉄玉子」を入れて作れば、「何でもオッケー!」ということです。

「鉄玉子」は、ズボラな私にでも「カンタン」に使えるので、わが家では「欠かせないもの」となっています。

半永久的に使えます!毎日、「鉄分」が取れる!これで我が家は「貧血」知らずです。

これからも息子をはじめ、家族の健康管理のために「鉄玉子」を使い続けていきたいです。

 

手っ取り早くを取りたい! 子どもでも、ジュースで簡単に鉄分補給ができます↓

【送料無料】黄酸汁 豊潤サジートライアル(10日分/300ml)

 ↓ ↓ おすすめの超人気記事 ↓ ↓


発達障害のある子とグレーゾーンの子の習い事8選!
2019年最新!発達障害関連Kindle読み放題おすすめ本11選
発達障害のある子には鉄分補給を!

 

 ↓ 発達障害の話題はこちらから(ブログ村トラコミュ)

それぞれの*発達障害と共に*
発達障害児を育てています
大人の発達障害でも頑張る人

 ↓ 応援クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ